日本植物細胞分子生物学会報 2019年 6月号
会報一覧へ戻る
1 2019年度学会賞の決定

 本年度の学会賞が以下のとおり決定しました。9月7日(土)~ 8日(日)に開催される第37回日本植物細胞分子生物学会(京都)大会において授賞式と受賞講演(論文賞を除く)が行われます。(受賞者は五十音順、∗は責任著者です。)

【学術賞】(2件)
中山 亨 (東北大学大学院工学研究科)
「フラボノイド生合成:新規経路・特異性の開拓とダイナミクス」

村中 俊哉(大阪大学大学院工学研究科)
「植物テルペノイド代謝多様性の分子基盤と代謝工学」

【奨励賞】(3件)
石川 寿樹 (埼玉大学大学院理工学研究科)
「植物固有なスフィンゴ脂質機能の解明と代謝改変研究」

沼田 圭司(理化学研究所環境資源科学研究センター)
「ペプチド法:融合ペプチドを利用した植物改変技術の開発」

東 泰弘(理化学研究所環境資源科学研究センター)
「環境ストレス応答を中心とした植物代謝オミクスと遺伝子資源応用」

【学生奨励賞】(1 件)
飯島 未宇 (富山大学大学院医学薬学教育部)
「エゾムラサキツツジが生産する抗HIV天然物ダウリクロメン酸の生合成研究」

【論文賞】(1 件)
Shotaro Yamasaki, Atsunobu Suzuki, Yasuaki Yamano, Harunori Kawabe, Daishin Ueno, Taku Demura, *Ko Kato (2018) Identification of 5’-untranslated regions that function as effective translational enhancers in monocotyledonous plant cells using a novel method of genome-wide analysis. Plant Biotechnology 35(4): 365-373
2 第37回(2019年度)大会のご案内
本会報およびホームページ( http://www.knt.co.jp/ec/2019/jspcmb37/)をご覧ください。
3 市民公開シンポジウムのご案内
本会報およびホームページ(http://www.jspcmb.jp/sympo/index.html)をご覧ください。
4 第38回(2020年度)大会のご案内
第38回日本植物細胞分子生物学会大会は以下のように開催されます。
  会期:2020年9月11日(金)〜12日(土)(予定)
  会場:筑波大学 春日キャンパス(予定)
  大会実行委員長:江面 浩(筑波大学)
5 求職ロゴマークについて
 本学会では、大会・シンポジウムでの発表時に求職中であることを示す「求職ロゴ」を作成しています。「求職ロゴ」の使用が、発表者が企業などの方と直接話をすることによる幅広いキャリア形成に役立つことを願っております。また、大学や公的研究機関側だけでなく企業側から見ても、「求職ロゴ」は良い人材を見つけるきっかけになりうると考えられます。「求職ロゴ」についてはホームページ(http://www.jspcmb.jp/society/sub01_1.html)をご覧ください。
6 ホームページ(http://www.jspcmb.jp/)に関して
 本学会のホームページでは、学会誌や大会・シンポジウムの情報に加え、助成金や人材募集などの様々な情報を発信しています。学会HPへの情報掲載については、学会事務局へメール(jspcmb-post@bunken.co.jp)でお問い合わせください。
7 広告募集

 学会HPにおけるバナー広告および学会誌広告を募集中です。掲載費用や申込方法等の詳細は、以下の学会HPをご覧ください。

 HPバナー広告:http://www.jspcmb.jp/info/add/ad_banner.html

 学会誌広告:http://www.jspcmb.jp/info/add/ad_journal.html
8 会費納入のお願い
 本学会の会費は、一般会員6,000円、学生会員4,500円、特別賛助会員一口50,000円、賛助会員一口15,000円で前納制となっています。また、会費を2年分滞納した方は退会とみなし、会員名簿から削除いたします。会費を納入されない場合は会誌の発送を中止いたしますのでご注意下さい。
9 新規入会者数(2019.3.11.~2019.6.10.)
 一般会員1名の入会がありました。