学会刊行物

過去の刊行物

学会誌最新号 Nonhost resistance to Pyricularia oryzae in Arabidopsis thaliana

For a plant disease to occur, pathogen, plant and environmental conditions must interact. The susceptibility of host plant may change both with developmental stage and time of day. Rice blast caused by Pyricularia oryzae (syn. Magnaporthe oryzae) is a devastating disease of rice. The mechanisms of resistance to P. oryzae have been extensively studied, and the rice-P. oryzae pathosystem has become a model system in plant-microbe interaction studies. >> more 学会誌最新号
Plant Day
植物科学への誘い
植物細胞分子生物学会
30周年記念
植物バイオテクノロジー
プロトコル集
タカラバイオ株式会社
バイテク情報普及会
バナー広告募集中

大会のお知らせ

大会名:第36回日本植物細胞分子生物学会大会
会場:金沢商工会議所会館(石川県金沢市(金沢駅よりバスにて約10分)
日程:2018年8月26~28日(代議員総会:8月25日)
大会実行委員長:三沢 典彦(石川県立大学)

第36回日本植物細胞分子生物学会(金沢)大会

学会からのお知らせ

過去のお知らせ一覧