「遺伝子組換え植物」の現状
遺伝子組換え作物が実用化されてから10年が経とうとしています。日本も多くの遺伝子組換え作物を輸入、消費しています。またハワイでは遺伝子組換え技術によりパパイヤ産業をウイルスの被害から守る事に成功しました。途上国の栄養失調を改善するためにβカロチンを含むお米(ゴールデンライス)も開発されています。日本でも従来の技術では不可能とされた青いバラの開発に成功しました。ここでは、こうした遺伝子組換え植物の現状について概説します。
>> 世界の栽培状況と日本での消費
>> ハワイのパパイヤ
>> ゴールデンライス
>> 青いバラ
詳しくは参考サイトを見てください。サーチエンジンで調べればもっといろいろな情報が得られます。