学会刊行物

過去の刊行物

学会誌最新号 Albino cla1 mutant with normal tapetum and pollen coat

Plastidial isoprenoid defective cla1 mutants grown in soil show albino and a seedling lethal phenotype. However, when the seedlings were grown in a large agripot with MS agar supplemented with sucrose, only some that grew to the flower stage with albino phenotype were obtained. In cla1-1 mutant, the elaioplast, which is the tapetum cell specific organelle derived from plastid, showed normal phenotype (upper-left photograph), though the chloroplast in cla1-1 has been reported to be the abnormal phenotype previously. >> more 学会誌最新号
Plant Day
植物科学への誘い
植物細胞分子生物学会
30周年記念
植物バイオテクノロジー
プロトコル集
バイテク情報普及会
日本モンサント(株)
バナー広告募集中

大会のお知らせ

第37回日本植物細胞分子生物学会大会
日程:2019年9月6日(金)~8日(日)(9月6日:代議員総会のみ)
会場:京都府立大学 稲盛記念会館
大会実行委員長:増村 威宏(京都府立大学)

第37回日本植物細胞分子生物学会(京都)大会

学会からのお知らせ

過去のお知らせ一覧

FaceBookホームページ
(学会員以外の方も閲覧できます)

FaceBookグループ
(学会員は承認の上、入会できます)

 グループ会員のみ閲覧・投稿できます。
 https://www.facebook.com/groups/515190318564155/