学会刊行物

過去の刊行物

学会誌最新号 Homeotic floral organ changes of transgenic apple

Apple cultivars with homeotic changes, petals to sepals and stamens to carpels, set parthenocarpic fruits. The floral organ changes were caused by destruction of apple MdPISTILLATA (MdPI) gene, which is an orthologue of Arabidopsis class B gene PISTILLATA. The MdPI gene is able to recover the Arabidopsis pi mutant phenotype. The expression of MdPI localized at petals and stamens of apple flowers. The connection between the parthenocarpy and class B mutation was obscure, then transgenic apples suppressed MdPI function was produced. >> more 学会誌最新号
plant day
植物科学への誘い
植物細胞分子生物学会
30周年記念
植物バイオテクノロジー
プロトコル集
タカラバイオ株式会社
バイテク情報普及会
バナー広告募集中

大会のお知らせ

大会名:第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会
会場:大宮ソニックシティ
日程:2017年8月29,30,31日
大会実行委員長:高木優(埼玉大学)

第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会

学会からのお知らせ

過去のお知らせ一覧